Stage

MICKA SCENE


ミカ・シーンはオーストラリアのバイロンベイで人気を博し、バイロンベイのサーフカルチャーに影響を受けて育ったシンガーソングライターである。彼はマルチな演奏家であり、ソロカホンにおいては流行前から演奏していた先駆者でもある。以前所属していたバンド、Pacha Mamma(パチャママ)ではフロントマンも務めた。彼の声と音楽はとてもポジティブな波長で、愛や、環境、失恋、旅続きの人生について語られた歌詞はどれもが心に響く。

ミカは自身の紛れもないボイスとワイゼンボーンスライドギター,そして彼の素質とエネルギー溢れるライブを武器にオーストラリア、カナダ、ヨーロッパで、広範囲にわたったツアーを3度ほど行った。

Donavon Frankenreiter、The Reubens, Salmonella Dub などのサポートとしても活動していた。
彼の曲は世界規模の国際サーフィン大会のQuiksilver Proでも流されていた。

2013年に彼の最初のバンドPacha Mammaでは、カナダで16000Kmにわたり34公演も行なった。それが、彼の最初の国際ツアーであり、その最中に出演したウィニペグでのフェスが初めての大規模フェスであった。そして彼らはそのままフランスやスペインに渡りライブをし続け、2014年に帰国した。
2015、2016年にミカはヨーロッパでツアーを行い、スウェーデン、デンマーク、イギリス、ベルギー、オランダなどのEU諸国をわたり、様々な街でストリートライブを行なった。そしてマネージメント、レーベル、なしで2万枚以上のCDを売った。

2016年2月24日に初ソロシングル『Far From Perfect』をリリースし、2017年8月に初ソロEP『Undercovered』をリリース。2018年2月に新シングル『Somedays』をリリースした。